眠れない夜の対策方法

 

眠れない夜の対策方法をご紹介するサイトへ、ようこそお越しくださいました。
当サイトでは、眠れないときに寝る方法を、さまざまな角度から解説しています。

人は感情の動物です。そのため過度に気にしだすと、夜眠れないということになるわけです。また人間は、内臓や血管、心臓の拍動、消化・吸収などの働きを無意識で行なっています。これらは自律神経に支えられていますが、脳に強いストレスや過度の緊張がかかると、自律神経に乱れが生じ、夜も眠れないことになります。

睡眠中枢である視床下部、さらに睡眠に関わるホルモン分泌や体温調節には、すべて自律神経が関係しているからです。

人はいろいろなことがキッカケで、夜眠れない原因となります。
たとえば、ちょっとした風邪をこじらせて気管支炎になり、咳が止まらない。頭痛や関節痛で安眠できない。臨月など妊娠中に、性ホルモンのバランスが崩れて不眠になる。不安やうつ病、ストレス、あるいは昼間の仕事の疲れで目が冴えて、寝付けないなどなど。

眠れない夜が一日だけの場合、健康上ほとんど問題はありません。
しかし、それが2日、3日、さらには1週間と長引くと、焦ることになります。そうなると昼間は、耐え難い眠気に襲われ、確実に生活の質が低下します。頭はもうろうとし、記憶力、思考力、判断力の低下を招きます。受験生なら勉強の進行にも響きますし、社会人なら仕事のミスを引き起こしかねません。近年は、睡眠不足による重大な産業事故が、大きな社会問題ともなっています。

 

また眠れない夜が続くと、確実に心身に悪影響を及ぼします
睡眠時間が不足して不眠症になると、体内の血糖値と血圧が上昇します。これが慢性的に続くと、糖尿病や脂質異常症(高脂血症)、高血圧症を招くことに。これがさらに進行すると血栓症や動脈硬化を引き起こし、心疾患や脳卒中の危険があることは、よく知られるようになりました。

そのほか夜眠れない日が続くと、肥満にもなりやすくなります
脂肪細胞からレプチンの分泌が少なくなり、かわりに胃からグレリンが多く分泌されるようになります。つまり食欲が旺盛になって、つい食べ過ぎるようになるのです。このルートからも、糖尿病などの生活習慣病を招いてしまいます。

もし食べ過ぎて肥満になると、今度は肥大化した脂肪細胞から、善玉のアディポネクチンというサイトカインが分泌されなくなります。その代わりに、悪玉のアンジオテンシノーゲン、PAI-1、TNF-αが分泌されるようになります。これらは血圧を上げたり、血糖値を上昇させたり、血液をどろどろにする働きがあるので、この方面からも、さらに病気になりやすくなります。

なにより、眠れない夜が続くと、精神的な疲労が回復しなくなります。
浅いレム睡眠には、記憶の整理という役割がありますが、うつ病の予防という大事な仕事もあるのです。レム睡眠は、ある程度の睡眠時間を確保しなければ、不足してしまいます。睡眠不足から過労死、あるいは精神的に追い詰められて自殺というニュースもあります。

 

このように夜眠れない日がずっと続くと、心身ともに健康を害して、ときには悲惨な事態になりかねません。こうした不眠症の唯一の解決策は、ぐっすりと眠ることです。睡眠とは完全に自給的なもの。点滴や快眠サプリメントによって、眠りの代わりとすることは不可能なのです。ですから睡眠薬といっても、眠りの代わりにはならず、よい眠りを促すという”補佐する役割”しかないのです。

眠れない夜は、とくに明日仕事がある人は焦ってしまいがちです。
しかし一日くらい寝なくても、心身の健康を害することはないので、大丈夫です。ギネス記録で11日間寝ない人がいましたが、その後14時間と45分眠っただけで、心身の調子がすべて回復したそうです。このように、たとえ長く眠れない夜があったとしても、ギネス記録に勝てるはずはありません。また、たとえギネス記録並に11日間不眠が続いたとしても、たった一日(14時間)ですべて回復できるのです。

当サイトでは、眠れない夜に寝る方法を、さまざまな角度からご紹介しています。
それによって、皆様の不眠の悩みが少しでも解消できるお手伝いができれば幸いです。

眠れない夜を乗り切るコツが書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら
(PR) 快眠方法と安眠・・・ぐっすり眠る方法とは?
快適な睡眠とは?・・・量より質が大事になります。
寝れない夜の解決法・・・食べ物、運動などなど。
不眠症の原因と対策は身近なところにあります。
睡眠の治療方法は時代とともに進化しています。
不眠症の改善と睡眠薬・・・安全になったとはいえ依存は要注意です。