眠れない夜の対策方法TOP > 眠れない時、寝る方法 > うつで眠れない症状とは?

うつで眠れない症状を考える

 

うつで眠れないケースがあります。

うつ病は、現在では社会的に認知されていますが、昔は「怠け病」と呼ばれ、本人もつらい思いをしていました。脳内ではセロトニンの分泌が少ないという特徴があります。そのために精神的に乗り気がしなくなり、無関心や倦怠感がしてしまうわけです。

うつで眠れないという場合、本人が感じているように、実際にも寝れていないことが多いようです。ちょっと寝入ったと思ったら、深い睡眠に入る前に目覚めたりします。夜中に目覚めて、そのまま寝られないこともあります。その結果、ノンレム睡眠時に分泌される成長ホルモンの分泌が減少し、免疫力が低下してしまいます。また浅いレム睡眠も減るため、精神疲労が回復せず、ますますうつ病を進行させかねません。

うつで眠れない場合、不眠症の症状は、じつはうつの一側面にすぎません。
そのため睡眠薬で不眠症を治そうとするよりも、カウンセリングや抗うつ剤によって、うつ病を治すことに主眼が置かれるようです。うつが治れば、自然と眠れるようになるからです。

うつ病による不眠症と、精神生理性不眠

うつで眠れないケースとよく比較されるのが、精神生理性不眠の患者さんです。
いわゆる神経症が根底にあるような患者さんですね。この場合は、本人が感じているほど、寝れていないわけではありません。実際は、よく寝ていることが多いのです。この点、うつで寝れない場合と対称をなしています。

また精神生理性不眠のかたは、睡眠というものを過度に意識してしまい、「今夜もまた寝れないのでは?」と予期不安をもってしまいます。どちらかというと、気分が高まってしまい、興奮して寝付けないわけです。そして不眠を主な訴えにして、これさえ解決されれば、ほかは元気であることを主張する傾向にあります。

それに対して、うつで眠れないケースでは、睡眠で悩んでいる人はあまりいないようです。それよりも、気分が落ち込むほうが深刻です。うつ病に不眠が加われば、前述したように心のメンテナンスをするレム睡眠も当然減りますから、ますます自分を追い詰めかねません。気分のほうも、精神生理性不眠とは対称的で、高まるというよりも落ち込みやすいのです。

うつ病で眠れない夜はつらいとは思いますが、医師の指示に従って、抗うつ薬を飲むなどしましょう。

うつで眠れない夜の対策法

うつ傾向の人は、脳内にセロトニンが少ない傾向があるので、食事を気をつけたほうがいいかもしれません。おすすめはメチオニンが含まれている味噌です。メチオニンは抗うつ薬としても使用されています。アサリの味噌汁を飲めば、貝類のビタミンB12も手伝って、大豆ペプチドやギャバも摂取できますので、うつで眠れない夜に役立ちます。

そのほかトリプトファンを摂取すると、脳内でセロトニンに分解されます。
トリプトファンは牛乳やバナナ、肉類、大豆に多く含まれます。セロトニン生成時には、マグネシウムも必要とするので、それも含まれているバナナがおすすめ。
マグネシウムはナッツ類にも含まれています。

そのほか免疫療法としての爪もみ治療があります。
うつ病の人は、とくに薬指の爪の両脇をもむといいそうです。両脇といっても、爪の付け根の角のところです。ここを少し痛みを感じる程度に、10〜20秒間押しもみます。左右両方行いましょう。小指の爪は不眠解消に役立つので、うつで眠れない夜は、小指も押すといいでしょう。

眠れない夜を乗り切るコツが書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら